DHC Pアップセラムの口コミ!ジェル状美容液の効果的な使い方でハリ・くすみ対策

スポンサーリンク

DHC Pアップセラム口コミハリくすみにWでアプローチするエイジングケアジェル状美容液だからおすすめ!
DHC Pアップセラム 口コミ

DHC PQQシリーズ ジェル状美容液 DHC Pアップジェルが、DHC Pアップセラムとしてリニューアル発売!

DHC Pアップジェルに配合されていたハリ美肌成分のPQQ(ピロロキノリンキノン)の濃度がさらにアップ(シリーズ最高濃度)!

そしてくすみと戦う成分のネムノキ樹皮エキス配合で、ハリとくすみにダブルの効果が期待できます。

詳細はこちらDHC Pアップ セラム

スポンサードリンク

DHC Pアップセラムの口コミ

DHC Pアップセラムとは、エイジレス肌へ導くハリ成分とくすみと戦う成分をダブル配合した多機能ジェル状美容液。

dhc-p-up-serum-3

スキンケアの最後に使って美容成分を閉じ込める美容液です。

DHCスキンケアは今までたくさん使ってきたけれど、DHC PQQシリーズははじめて使うので、まずは@コスメなどで口コミをチェック!

    DHC Pアップセラム 口コミ

  • ジュレみたいな独特のテクスチャーでヴェールのように密着して気持ちいい
  • 抗糖化作用効果でくすみがなくなり透明感アップ
  • スキンケアの最後に使うので、朝は化粧下地に夜は濃厚パックとして使い勝手がいい
  • 肌がもちもちしっとりになる
  • 肌が引き締まってリフトアップされるからハリがでる
  • 敏感肌でも肌トラブルなく安心して使い続けることができる

リニューアル前のDHC Pアップジェルの口コミもよかったけど、Pアップセラムになってさらに評判がよくなったみたいです。

これなら敏感肌でも安心して使えそう。

▼口コミ・評判がいいPアップセラム▼

【デザイン・パッケージ】リニューアルで美しくなったDHC Pアップセラム

DHC PアップジェルからDHC Pアップセラムにリニューアルで外装パッケージやボトルデザインも変わりました。

Pアップセラム Pアップジェル

光沢のあるピンクをベースにしているのは一緒だけど、DHC Pアップセラムは外装箱も同じ系統のピンクに統一されました。(DHC Pアップジェルの箱は薄いピンクでPQQの構造式が載っていました)

ピンク色を採用しているのは、女性は永遠にピンクが好きだから、使うことで気分が上がるようにという想いからなんですって。

そしてプッシュ部分の土台がピンクからゴールドになって、より高級感が増しましたね。

【香り・テクスチャー】DHC Pアップセラムの独特の感触がヴェールになる

無香料で、ぷるぷるのジェル。

テクスチャー自体はリニューアル前後でそれほど差を感じませんでしたが、元々が他にはない独特の感触なんです。

dhc-p-up-serum-8

プッシュすると、にゅるにゅるっとみずみずしいジェルがでてくるのがオモシロイ。

少し伸ばした状態はジュレのような質感で、さらに塗り広げるとスーッと馴染んで浸透していきサラリとする不思議なテクスチャーなんですよ。

dhc-p-up-serum-10

画像ではちょっと分かりづらいですが、ほんのりピンク色になっています。

これはもちろん着色料ではなく、赤紫色をしたPQQ本来の色が反映されているからです。

【使用感】ハリとくすみにダブルでアプローチするDHC Pアップセラム

美容液は化粧水の後に塗るのが一般的だと思うけど、DHC Pアップセラムはスキンケアの最後に使います。

dhc-p-up-serum-2

化粧水、乳液、クリームなどで肌を整えた後に塗るんです。

乳液やクリームって美容成分や潤いを逃さないためにフタをするイメージがあるから、その上からDHC Pアップセラムを塗っても浸透するのか気になりました。

せっかくの贅沢な美容成分がしっかり浸透しなければ、意味がありませんからねー。

でも実感としてはしっかり浸透しているので、DHC Pアップセラムこそが化粧水やクリームの美容成分を閉じ込めてくれているんでしょうね。

dhc-p-up-serum-11

ジェル状の美容液がスーッと馴染んで、ピタッと密着してヴェールに包まれているような感覚。

ハリとくすみにダブルでアプローチできる美容液だから、潤いに満ちた弾力のあるハリ肌でくすみのない透明肌に導いてくれるんですよ。

特に目もとや口元にじっくりと塗りこめばふっくら肌になれるから、エイジングケアがバッチリでなんとも心強い^^

さらに気に入ったのが、透明の化粧下地としての役割。

スキンケアの最後にPアップセラムを付ければ、化粧下地の役割になるからすぐにメークができます。

驚いたのが、Pアップセラムが乾ききる前の少し潤いが残った状態で、リキッドファンデーションを付けると、毛穴も隠れるし均一に肌に馴染んでとてもキレイに仕上がるんです!

今まで使った化粧下地の中で一番使いやすいというくらいスゴイかも。

一緒に使っているのは、内田有紀さんのCMで注目されたDHC Q10モイスチュアケア リキッドファンデーションEX。

DHC商品をたくさん使い続けているけど、今まで敏感肌の肌トラブルを感じたことは一度もありません。

今回のPアップセラムも大丈夫でしたよ。

というより、肌本来の基礎力を上げて肌バリア機能がアップするから敏感肌にこそおすすめですよ!

▼独特のジュレテクスチャーにやみつきに▼
DHC Pアップ セラム


DHC Pアップセラム 効果的な使い方

DHC Pアップセラムをスキンケアの最後に仕上げとして塗るだけで、ヴェール効果で美肌成分を閉じ込めるから、いつものスキンケアのエイジングケア効果がグッと引き立ちます。

特別な日は厚めに塗ってナイトパックとして使うのがおすすめ。

メーク前だったら、透明な化粧下地としても活躍してくれるんですよ。

    DHC Pアップセラム 効果的な使い方

  • 【基本の使い方】
    適量(1~2プッシュ分)を手にとり、顔全体にやさしくパッティングしながら、気になる部分をもちあげるようにしてなじませる
  • 【フェースライン】
    手の平でフェースラインを包み込むようにしながら内から外へのばす
  • 【ほうれい線】
    頬骨の下を支えるように手の平で頬を抑えた後、目尻方向へのばす
  • 【目尻】
    薬指を使って上方向へやさしくのばす
  • 【おでこ】
    親指を除く4つの指で上へ向かってのばす

持ち上げるようにマッサージする気分で使うと、肌が引きあがりより効果的に使えます。

DHC Pアップセラム開発ご担当者さんにお話を伺うことができたので、さらに効果的な使い方を教えていただいちゃいました!

まず一つ目が、PQQシリーズをライン使いすること。

PアップシリーズのDHC PアップローションとDHC Pアップクリームもリニューアルして、今まで配合されていなかった抗糖化成分が配合されました。

dhc-p-up-serum-25

それもローション、クリーム、ジェル美容液の3種類の抗糖化成分が全て違うので、DHC Pアップシリーズをライン使いするとより多くの美容成分を取り入れることができるんです。

だから、ハリとくすみにしっかりアプローチ!

▼【PQQシリーズ】抗酸化+抗糖化の注目エイジングケア▼

さらにより効果的に使いたい場合は、DHC Pアップシリーズと相性がとてもいいコエンザイムQ10配合のDHC薬用Qシリーズがおすすめ!

dhc-p-up-serum-29

PQQとQ10が協力してミトコンドリアの働きを助けてくれるので、PアップとQ10を併用すると相乗効果で効果的に使えるんですって。

▼【薬用Qシリーズ】コエンザイムQ10を10倍濃度でエイジングケア▼


DHC Pアップセラム(ジェル状美容液)はハリとくすみにダブルでアプローチ

朝晩にいつも使っている化粧水・乳液・クリームなどで肌を整えた後、スキンケアの最後に締めとして使う仕上げ用美容液。

dhc-p-up-serum-6

DHC Pアップセラムの美容成分だけじゃなく、化粧水やクリームなどの有効成分も一緒に閉じ込めてキープ!

ハリとくすみにダブルでアプローチする秘密は、PQQ(ピロロキノリンキノン)、ネムノキ樹皮エキス、ヒアルロン酸誘導体、プロテオグリカン、米由来セラミドといった多彩な美容成分を贅沢に配合しているから。

【ハリ成分】PQQ(ピロロキノリンキノン)で肌の内側からみずみずしく潤う

PQQ(ピロロキノリンキノン)ってはじめて知りました!

なんだか可愛らしい名前の成分ですが、効果はバッチリ。

dhc-p-up-serum-14

PQQ(ピロロキノリンキノン)は、食品に含まれている補酵素で体内で合成することができません。

そしてPQQの活性酸素を除去する抗酸化作用によって、ミトコンドリアを守ってくれます。

皮膚は細胞増殖が活発に行われているので、ミトコンドリアが作り出す多くのエネルギーを必要としています。

PQQはエネルギーの産生工場ともいえるミトコンドリアを保護してくれるので、いきいきとした肌になるんです。

角層を守り維持して、肌の内側からみずみずしく潤いハリ肌に導いてくれますよ。

【くすみと戦う成分】肌が焦げる!?ネムノキ樹皮エキスの抗糖化作用でくすみブロック

年齢とともに肌のハリや透明感が失われてしまう原因は、加齢や紫外線ダメージなど外部刺激と考えられてきましたが、最近注目されているのが糖化による肌老化

糖化とは、身体の中でたんぱく質が食事によって摂取した余分な糖と結びついて、たんぱく質が劣化(AGE化)してしまうこと。

肌を構成するコラーゲンやエラスチンなどもたんぱく質なので、糖化することで肌弾力の低下・黄ぐすみ・ゴワツキ・たるみ・シワなどが起きてしまうんですって。

ホットケーキや食パンを焼いた時にこんがりと褐色になるのは、砂糖とたんぱく質の結合が起きてしまい糖化で焦げてしまうから。

nikoniko-318

保温時間が長いご飯が黄色く変色してしまうのは、より分かりやすい糖化ですね。

最初は炊き立ての真っ白いご飯がだんだんと黄色にくすんでしまう様を肌に置き換えるとゾッとしませんか。

酸化は「錆びる」と言われますが、糖化は「焦げる」と表現されるそうで、肌が焦げるってなんだかとっても怖い……。

DHC Pアップセラムに配合されているネムノキ樹皮エキスは、結びついてしまった糖とたんぱく質の分解をサポートする抗糖化作用のある成分。

dhc-p-up-serum-13

糖化を抑制するから、くすみにアプローチしてくれるんですよ。

【エイジレスな美肌成分】潤い・弾力・バリア機能・肌荒れ防止成分も配合

抗酸化成分 PQQ、抗糖化成分 ネムノキ樹皮エキス以外にも5つの美肌成分がたっぷり贅沢に配合されています。

dhc-p-up-serum-27

中でも注目したいのが、修復型ヒアルロン酸。

健康な肌の状態のラメラ構造を修復する役割があるので、バリア機能の回復が期待できますよ。

DHC Pアップセラム(ジェル状美容液)の詳細・購入はこちらから

40代以上の年齢肌を感じる人にも、早めのエイジングケアはじめたいという人にもピッタリ!

    DHC Pアップセラムのおすすめポイント

  • ハリ成分(抗酸化成分:PQQ)とくすみと戦う成分(抗糖化成分:ネムノキ樹皮エキス)をダブル配合
  • ジュレのようなふるんとした新感覚テクスチャー
  • 今あるスキンケア品はそのままで最後に仕上げとして塗るだけ
  • 透明化粧下地としてもキレイに仕上がる
  • 睡眠時の濃厚パックとしても使える
  • 贅沢な美容成分
  • コエンザイムQ10と相性が良く相乗効果が期待できる

▼ハリとくすみにダブルアプローチ▼
DHC Pアップ セラム

▼人気ランキング常連商品がお得に買える!▼

ほかにもいろいろDHCスキンケアコスメをお試ししていますので、ご参考になれば嬉しいです。

素敵なDHC Pアップセラム(ジェル状美容液)をありがとうございます。DHC様から商品提供いただき記事にしました。
敏感肌に負けずニコニコ生活を目指します!美容と口コミ大好きにこ@にこにこ館

スポンサーリンク

シェアする

フォローする